2012年08月26日

脳は、落ち込んだりストレスを感じたりすると縮小する

ひどいうつ病や慢性的なストレスに侵されている人は、それが原因で脳が縮小しているという研究結果が発表された
という記事。

私たちの脳は、落ち込んだりストレスを感じたりすると縮小していた! | Pouch[ポーチ]

精神と肉体が密接に結びついているということは、
この記事にあるようなことからも分かりますね。



posted by もり at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳に関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月20日

脳の自浄システム

最新の研究から、マウスの脳で新たに見つかった循環システムは、脳が老廃物を排出するのに役立っている可能性の高いことが判明した。マウスの生物学的特徴は我々人類にも近いため、同様の仕組みがヒトについても見つかるはずだと専門家は期待をかける。
ということ。

脳の自浄システムが明らかに - Ameba News [アメーバニュース]

このような基本的な仕組みが、
今までわかっていなかったということに逆に驚く。

posted by もり at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳に関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

パンチ力は脳が決める

空手名人が素手で瓦を割れるのは腕力があるからではなく、実は「脳の力」が決め手だとする研究結果を英インペリアル・カレッジ・ロンドン(Imperial College London)の研究チームが英医学誌「Cerebral Cortex(大脳皮質)」最新号に発表した。
ということ。

空手パンチの決め手は「腕力」ではなく「脳力」、英研究 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース

全身の筋肉の微妙な使い方を、
脳が上手に制御してはじめて、
その人にとっての最大限の力が出せるようになるということだと思う。

トレーニングは、
そういうことを意識して行わないといけないのだろうと思う。

posted by もり at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳に関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ある特徴を持つ脳が“いじめ”ともいえる行動をとる

ある特徴を持つ脳が“いじめ”ともいえる行動をとることがわかっています。
それは、前頭前野や扁桃体、側頭葉が8〜16%程度萎縮している脳で、反社会的、攻撃的、反抗的な行動パターンをとる特徴があります。相手の体や心の痛みを感じることができず、痛めつけることで快感を得るという特徴もあり、「行為障害(CD)」という病気と診断されます。

ということです。

いじめっ子の脳は他人の苦しみを見ると喜び感じる回路あり説 - Ameba News [アメーバニュース]

いじめも、
脳の責任ということに、
なるのかな。



posted by もり at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳に関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月18日

脳障害 たんぱく質投与で改善

「オリゴデンドロサイト」という脳の細胞を再生し、脳の白質傷害の改善につなげることに、名古屋市立大大学院の沢本和延教授(再生医学)らの研究チームがマウス実験で成功した。新生児の脳障害の治療への応用が期待されるという。研究成果は米科学誌「ステム・セルズ」電子版に近く掲載される。
ということ。

<脳障害>たんぱく質投与で改善 名市大院がマウス実験 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

人間で脳障害を改善することが出来たら、
すごいことだな。
posted by もり at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳に関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

無酸素運動”をすることで頭のキレが良くなる

「無酸素運動の代表は筋トレですが、筋トレをすると瞬間的に脳の酸素が不足します。すると脳は酸素を取り込もうと、脳血管を太く広げようとする。そうして脳にたくさんの酸素が送られることで、脳の電気信号が効率的に伝達されるようになる。結果的に『脳効率』がアップするんです」
ということ。

無酸素運動で「脳効率」UPする!? | web R25

無酸素運動は苦しい。

私としては、
ランニングのコースに坂道を取り入れるようにしている。

調子のいい日は、
その坂道を全力に近い力で登る。

それは、短時間で筋肉と心肺機能に刺激を与えるためだけど、
脳にもよさそうということなら、
なおさらやらないといけないなと思った。


posted by もり at 05:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の上手な使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

脳はシングルタスク

人は、複数の行為を同時進行していても、脳のメカニズムを考えれば、厳密な意味でマルチタスクは不可能
ということ。

脳はマルチタスクを実行できない? (web R25) - Yahoo!ニュース

入ってきた情報を処理する場合については、
マルチタスクのようだけど、
課題を遂行する場合はシングルタスクなのだそうだ。

課題の遂行を調整することで、
見かけ上のマルチタスクを達成している。


ほんとはシングルコアだけど、
マルチコアのように見せかけているのだとしたら、
ハイパースレッディングみたいだなと、
ちょっと思った。



posted by もり at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳に関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

認知機能をチェックできるWebサービス「脳測 (のうそく)」

シグナルトークは7月12日、認知機能をチェックできるWebサービス「脳測 (のうそく)」を公開した。50歳以上を主な対象としており、8月14日までは公開テスト期間として、無料で測定が受けられる。
ということ。

シグナルトーク、認知機能をチェックできるWebサービス「脳測」公開 | ネット | マイナビニュース

サイト

脳測(のうそく)

posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳に関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

野菜・果物ジュースでアルツハイマー病発症リスクが76%減少

野菜・果物ジュースでアルツハイマー病発症リスクが76%減少
という記事。

NEWSポストセブン|野菜・果物ジュースでアルツハイマー病発症リスクが76%減少

記事によると、
米国テネシー州ナッシュビルのバンダビルト大学のキ・ダイ博士らはワシントン州キング郡に在住の日系アメリカ人1836人を9年間追跡調査し、どのような食事を摂っている人がアルツハイマー病を発症し、どのような食事の人が予防できたのかを調べた。
その結果、野菜・果物ジュースを週に1回未満しか飲んでいなかった群では、517人中30人がアルツハイマー病を発症したのに対し、3回以上野菜・果物ジュースを飲んでいた群では、785人中22人しかアルツハイマー病を発症していないことが分かった。

ということ。

野菜ジュースは、
コンビにで売ってるようなやつでもいいのかな。

ああいう野菜ジュースには、
糖分もたくさん含まれているから、
飲みすぎてもいけないだろうなと思うけど。

posted by もり at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

眠っている間でも人の脳は学ぶことができる

テスト直前まで暗記するよりも前日までに覚えて一晩寝る方が効果的であるという調査結果も出ているほど、睡眠は記憶の定着と深く関わりのあるものですが、新たに「睡眠中に情報と関連した音を聞くことは記憶の定着を強化させる」という研究結果が明らかになりました。
ということ。

眠っている間でも人の脳は学ぶことができるという研究結果が明らかに - GIGAZINE

睡眠時専用の語学学習音声とか、
発売されるかもしれませんね。
posted by もり at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の上手な使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。