2012年11月16日

お金が貯まるかた貯まらないかも、脳の違いによる?

それなりの収入はあっても貯金のない人がいる一方で、収入はそれほど多くない のに、しっかり貯金をしている人もいます。この人たちには、どんな違いがあるのでしょうか。脳神経内科医の志村秀樹さんは、お金が貯まる人と貯まらない人とでは、脳内の状態に違いがあると指摘します。
ということ。

あなたの脳は「貯まる」脳?まず脳の状態をチェック [増やせる脳×増やせる預け先の活用法] All About

ごく簡単に言うと、
お金を貯めることで幸福感を感じるか、
お金を使うことで幸福感を感じるか、
という差のようです。

当たり前といえば当たり前だと思いますが。

なので、お金を貯めたいと思ったら、
お金を貯めることで幸福感を感じられるように脳の仕組みを変更していく必要がある、
わけです。

そう言われると、
なかなか難しそだなと思ってしまいます。

そのための方法としては、
まずは小さな目標を達成してそれに喜びを感じ、目標をだんだん大きくしていく、
のだそうですが。

貯める「脳力」をアップさせよう! [増やせる脳×増やせる預け先の活用法] All About

小さな目標を達成したら、
ぱっ!と使ってしまいそうな気もします。

posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳に関する薀蓄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

脳は他者への共感と分析的思考を両立できない

「共感」に使われる脳の神経回路網が活発になるときは、「分析的思考」に使われる神経回路網が抑圧される、ということがケース・ウェスタン・リザーブ大学の研究で明らかになったそうだ(EurekAlert!、本家/.)。
ということ。

脳は他者への共感と分析的思考を両立できない | スラッシュドット・ジャパン サイエンス

このような脳の特徴を踏まえた上で、
普段の生活をする必要があるのだろうと思う。

「今、自分は分析的に考えているから、
次は、相手の立場にたって、相手の気持ちについて想像してみよう。」


と、
意図的に分割して、
集中してみる。

そうすれば、
たいていのもめ事は、妥協点が見いだせるのだろう。

実際には、
それが難しいのでもめるのだけど。


こういう人間の脳の特徴みたいなことは、
看護師としてはよく覚えておく必要があると思う。

自分や相手を、
よりよく理解するための助けになる。
posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳に関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

右脳に比べ左脳が活発な人は幸福感高い 感謝の気持ちを持つと幸福感が増す

米ウィスコンシン大学のリチャード・デビッドソン教授(心理学・精神医学)らのグループは、脳の働きから幸福感に迫ろうとする。左脳前頭葉部と右脳前頭葉部の脳波の活動を調べ、左脳部分が右脳に比べて活発な人は幸福感も高いとする結果を報告した。右脳は主に五感を、左脳は主に論理や思考を司るといわれる。
ということ。

右脳に比べ左脳が活発な人は幸福感高い! 米大学が研究 〈AERA〉-朝日新聞出版|dot.(ドット)

右脳と左脳の話よりも、
記事中の以下の記述が大切だなと思いました。

脳の働きも技術の習得と同様に、意識して訓練すれば変わる。それによって幸福感も変化します

「訓練」にはさまざまな方法があるが、「たとえば他人の幸せや健康を心に思い描く瞑想法は効果的」

米国では感謝の気持ちを持つと幸福感が増す



posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳に関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

生産性を保つのに一番良い食べ物

WHO(世界保健機構)によると、生産性を保つのに一番良い食べ物には、ナッツや種子、チョコレート(特にダークチョコ)、魚、ブルーベリー、アボカド、全粒粉、生のニンジンなどが挙げられるのだそうです。
ということ。

目につきやすいところに置くと、脳に効く食べ物を確実に取ることができる : ライフハッカー[日本版]

これらを目につきやすいところに置いておいて、
適切に摂取使用ということが、
記事には書かれています。

さらに記事によると、
戸棚を開けて最初に目についた食べ物は、5番目に見た食べ物より、3倍も口にしやすい
ということですので、
逆に食べないほうがよい食べ物は、
目に付きにくいところに置いておくと、
良いのかもしれません。

posted by もり at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳によい食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

睡眠学習が可能に?

脳内神経伝達物質のドーパミンが睡眠を抑制する神経回路を、熊本大学発生医学研究所の上野太郎研究員(31)と粂和彦准教授(50)が突き止めた。記憶形成の回路とは別であることも分かり、上野研究員は「眠りながら学習できる可能性が示された」としている。14日付の英科学誌「ネイチャー・ニューロサイエンス」電子版に掲載された。
ということです。

<睡眠学習可能に?>眠り抑制と記憶形成の回路は別…熊本大 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

睡眠学習が出来るのはまだ先の話でしょうけど。
posted by もり at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳に関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月06日

運動は“運動記憶”を強化し、脳が新しいスキルを学ぶ助けになる

定期的な運動は体型を保ち、健康を促進し、結果的に長寿に繋がることはよく知られるが、先週発表された研究結果によると、運動は“運動記憶”を強化し、脳が新しいスキルを学ぶ助けになるのだという。
ということ。

【運動最強】脳力アップに効果的と判明 物忘れにも効くらしいゾ  | IRORIO(イロリオ) - 海外ニュース・国内ニュースで井戸端会議

記事には、
運動が脳のはたらきにプラスになる例として、
以下の項目が上げらていた。

1.思考をシャープにする
2.子供のADHDを軽減するかもしれない
3.新しいことを覚える助けになる
4.問題解決をサポートする
5.うつ病の症状を軽減する
6.ストレスを軽減する
7.加齢に伴う記憶喪失を遅らせる


体を動かすことは、
脳の働きにとって大切なことなのだな。

posted by もり at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳に関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

ネズミの脳に直接記憶を書き込む実験が成功

かなり信じがたいことですが、学術誌「Nature Neuroscience」に掲載された論文によると、脳の組織を操作して人為的に記憶を作り出す方法ができてしまったみたいです。
ということ。

ネズミの脳に直接記憶を書き込む実験が成功 : ギズモード・ジャパン

記事によると、

この研究の目的は、SFの世界を実現することじゃなく、記憶が我々の脳においてどのように形成されるかをよりよく理解すること

ということですので、
ドラえもんの「アンキパン」のようなものができる時代は、勉強しなくてすむ時代は、
まだまだ先のことのようです。

posted by もり at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳に関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

脳の部分ごとの機能を詳しく解明

目的を持ち達成するための行動を決める脳の働きについて、東京都医学総合研究所などのチームは、脳の部分ごとの機能を詳しく解明したと発表しました。
ということ。

脳の部分ごとの機能を詳しく解明 NHKニュース

目的を持ち達成するための行動を決める脳の働き
というのは、
とても人間らしい脳の働きだと思う。

ある意味では、
そこに魂があるとも言えそうだ。

脳細胞自体は同じようにみえるのに、
役割分担はどのように決められているのだろうかとも思った。



posted by もり at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳に関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

大脳新皮質の相対的な大きさは、社会グループが大きくなるにつれて成長する

「人類と、個々人の成功の秘密は、その社会脳にある。数多くの多様な関係をつくることのできる能力のおかげである」。
ということが書かれた記事。

ヒトの友人は最大150人!?:人類の成功の秘密は、社会脳にあり ≪ WIRED.jp

記事によると、
人間の脳の大きさから推定される、人間の社会グループの大きさは、
約150人なのだそうだ。

フェイスブックなどで友人が150人以上いる人は、
超人類なのかもしれない。



posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳に関する薀蓄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月27日

バイリンガルの子どもは問題解決スキルや創造的思考に優れている

バイリンガルの子どもは問題解決スキルや創造的思考に優れていることが、スコットランド・ストラスクライド大学(グラスゴー)のFraser Lauchlan氏らによる研究で示唆された。2つの言語を切り替えるのに必要な頭の回転により、ほかの種類の思考力を高めるスキルが発達する可能性があるという。
ということです。

1カ国語より2カ国語が有益な理由(2012.8.23掲載)

英語をもうちょっと勉強しようかな、
という気持ちになった。

posted by もり at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳に関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。