2012年10月27日

生産性を保つのに一番良い食べ物

WHO(世界保健機構)によると、生産性を保つのに一番良い食べ物には、ナッツや種子、チョコレート(特にダークチョコ)、魚、ブルーベリー、アボカド、全粒粉、生のニンジンなどが挙げられるのだそうです。
ということ。

目につきやすいところに置くと、脳に効く食べ物を確実に取ることができる : ライフハッカー[日本版]

これらを目につきやすいところに置いておいて、
適切に摂取使用ということが、
記事には書かれています。

さらに記事によると、
戸棚を開けて最初に目についた食べ物は、5番目に見た食べ物より、3倍も口にしやすい
ということですので、
逆に食べないほうがよい食べ物は、
目に付きにくいところに置いておくと、
良いのかもしれません。

posted by もり at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳によい食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

飽和脂肪酸は長期的に脳機能を低下させる

脂肪酸(fatty acid)の中でも“悪玉”とされる飽和(saturated)脂肪酸を多量に摂取する女性では、全体的な脳機能および記憶力が時間の経過とともに低下するが、“善玉”とされる一価不飽和(monounsaturated)脂肪酸(オレイン酸など)をより多く摂取すればこれらが改善する可能性が、新しい研究で示された。
ということ。

飽和脂肪酸は時間の経過とともに脳機能を低下させる(2012.5.28掲載)

なぜ女性特定なのか?
と、ちょっと思ったけど、
男性人も当てはまることなのだろう。

飽和脂肪酸は身体に良くないというイメージがあるけど、
なんであんなにおいしく感じられるのか?
ということも不思議に思う。


posted by もり at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳によい食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

牛乳は脳を活性化させる

米メーン大学(University of Maine)による直近の研究で、1日1杯の牛乳は脳を活性化させる可能性があるとの結果が出た。
ということ。

牛乳を飲んで脳を活性化、記憶や認識力アップの可能性 米研究 国際ニュース : AFPBB News

子どもの頃は牛乳をよく飲んだけど、
最近はほとんど飲んでいないな。

少しは飲んだ方がいいかなと、
思った。
ラベル:
posted by もり at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳によい食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

集中力や記憶力を高めてくれるらしい食べ物

食べると脳が若返る?集中力や記憶力をアップする食べ物 | 美レンジャー
という記事を読んだ。


その記事の中で記載されていた食べ物は以下。

1. DHA・・・マグロ、秋刀魚、イワシ、ウナギ、サバなど
脳の神経組織の発育だったり機能を維持するために必要な栄養素

2. コリン・・・おから、味噌、大豆、納豆、卵黄、レバー、サツマイモ、チョコレートなど
この栄養素は脳に入ると神経伝達物質に変化して記憶や判断力の手助けをしてくれる

3. ナイアシン・・・プルーン、たらこ、鶏肉、レバー、ピーナッツなど
コレステロールを下げてくれて、脳神経の働きを良くしてくれる作用があります

4. ビタミンB12・・・カキ、牛乳、ヨーグルト、アサリ、シジミ、いくら、チーズなど
長く続いてほしい集中力や忘れがちな記憶力を向上してくれる効果があります



この中で私が頻繁に、もしくは時々食べているものは、
マグロ、秋刀魚、味噌、納豆、卵黄、鶏肉、牛乳、ヨーグルト、チーズ、
くらいかな。

まあ、
4つの栄養素とも大体は摂取できていることになるな。


ラベル:
posted by もり at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳によい食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

鶏肉や鶏卵は脳の老化を防いでくれる

鶏肉、鶏卵、マメ科植物、海水魚にはビタミンB複合体のコリンという栄養素が含まれている。ボストン大学の研究者らによると、コリンを十分に摂取している人はそうでない人に比べ記憶力が良く、また痴呆になりにくい傾向にあるという。
ということです。

鶏肉や鶏卵は脳の老化を防いでくれるらしいぞ! – ロケットニュース24(β)

鶏肉は、
いろんな料理に合わせられるし、
脂身をのぞけば肉にしてはカロリー控えめだし、
いいなと思う。



ラベル:
posted by もり at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳によい食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

カレーは脳にいい?

「カレーの香りをかぐ+食べたときに、脳の中の“背外側前頭前皮質”という部位の活動が活発になった」という実験結果。この背外側前頭前皮質は“脳の司令塔”とも言える存在で、集中力をアップさせたり作業の効率を上げるのに関与しているそうです。
ということ。

カレーは脳にイイ!? 『カレー再発見フォーラム』に行ってきた!

もう一つ

カレーの香りで“脳の司令塔”活発に : アラカルトニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)


カレー好きなので、
良かったです。
ラベル:
posted by もり at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳によい食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

脳にいい食べ物17選

脳にいい食べ物17選、
という記事があった。

賢く食べよう!脳にいい食べ物17選(ロケットニュース24) - エキサイトニュース

その中から、
食品だけ抜粋しておく。

1. 牛肉(赤身)

2. ビート(てんさい糖)

3. ブルーベリー

4. ブロッコリー

5. ニンジン

6. 鶏肉

7. 柑橘類

8. 枝豆

9. 卵黄

10. 卵白

11. 唐辛子

12. さやえんどう、さやいんげん

13. 豚肉

14. ロメインレタス

15. ほうれん草

16. マグロ

17. ヨーグルト

基本的に、
体によさそうなものばかり。


ラベル:
posted by もり at 05:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳によい食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

バランスのよい朝食は脳の働きをよくする

脳トレなどで有名な、川島教授は、
大塚製薬との共同研究により、健常成人6人を対象に朝食と脳活動との関係の研究に乗り出した。

「水のみ」「糖水のみ」「タンパク質や脂質、各種ビタミンミネラルを含有した栄養調整流動食品を摂取」の3つのケースについて調べた。

その結果、水と糖質のみの摂取と比べ、栄養調整食品を摂取した場合は、摂取後3時間で能動的な注意や意欲に関わる前頭前野内側面の活動が固くなっていることが確認できた。


ということ。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110302/dms1103021125000-n1.htm
ラベル:
posted by もり at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳によい食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

サトイモの抽出エキス「脳響水(のうきょうすい)」

サトイモは、脳細胞を活性化させ、老化を防ぐといわれるガラクタンなどの成分を多く含む。
ということで、
サトイモの抽出エキスから
「脳響水」という商品を作ったのだ言うこと。

http://www.ibaraki-np.co.jp/news/news.php?f_jun=12994220316395


サトイモは煮物などに入っていると、
わりと好き。

でも調理がめんどくさそう。
ラベル:
posted by もり at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳によい食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。