2012年12月08日

脳の鍛え方まとめ

脳の鍛え方についてまとめられた記事。

ここまで鍛えられる!脳の鍛え方まとめ - NAVER まとめ


記事中であげられていた項目は以下。

経験によって脳が発達する仕組みを理解する
一生懸命に遊ぶ
新たな認知パターンを見つける
斬新さとイノベーションを求める
「歩き回る経営」を実践する
楽しい本を読む
ゲームに興じる
演じる
学習していないものを見つける
出張を最大限に活用する
メモを取る。そして、後で読み返す
最新技術を試してみる
外国語や楽器を勉強する
とにかく運動する


どれかひとつくらいやってみようかなと思いました。
posted by もり at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の上手な使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

昼寝の前にはコーヒーを一杯飲む

イギリスのラフバラ大学(Loughborough University)で行われた実験では、睡眠不足の時に一杯のコーヒーを飲み、15分間目を閉じてリラックスすることで、驚くほどリフレッシュできるというがわかりました。
といういこと。

昼寝の前には1杯のコーヒーを! 「カフェインナップ」で脳をリフレッシュ : ライフハッカー[日本版]

私としては、
不規則な夜勤によって慢性的に寝不足なので、
よくこの記事にあるようなことをしてます。



posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の上手な使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

「マイクロスリープ」または「パワーナップ」、もしくは「昼寝」の効果

ニューオーリンズで開かれた神経科学会の年次大会において、昼寝に関係する神経のプロセスについて最初の真実が浮かび上がってきた。15人の被験者の休息時の脳の活動を観察したところ、左脳は基本的に不活発であったのに対し、右脳(一般に、創造性と関連づけられている)が大変な興奮状態にあったことがわかった。
ということで、

30分の昼寝は効果的だ!? ≪ WIRED.jp

さらに記事によると、

「右脳は、わたしたちが覚醒時において接する事柄についての記憶や概念を整理してまとめる仕事を担っているように思われます」。

ということなので、
疲れたときにちょっと昼寝すると、
頭がスッキリとするということは、
ありえることだろうなと思った。

そういう私は、
昨日夜勤だったので、
まだ頭がぼんやりしている。

そういう日には、
できるだけ昼寝をするようにしている。


posted by もり at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の上手な使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

無酸素運動”をすることで頭のキレが良くなる

「無酸素運動の代表は筋トレですが、筋トレをすると瞬間的に脳の酸素が不足します。すると脳は酸素を取り込もうと、脳血管を太く広げようとする。そうして脳にたくさんの酸素が送られることで、脳の電気信号が効率的に伝達されるようになる。結果的に『脳効率』がアップするんです」
ということ。

無酸素運動で「脳効率」UPする!? | web R25

無酸素運動は苦しい。

私としては、
ランニングのコースに坂道を取り入れるようにしている。

調子のいい日は、
その坂道を全力に近い力で登る。

それは、短時間で筋肉と心肺機能に刺激を与えるためだけど、
脳にもよさそうということなら、
なおさらやらないといけないなと思った。


posted by もり at 05:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の上手な使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

眠っている間でも人の脳は学ぶことができる

テスト直前まで暗記するよりも前日までに覚えて一晩寝る方が効果的であるという調査結果も出ているほど、睡眠は記憶の定着と深く関わりのあるものですが、新たに「睡眠中に情報と関連した音を聞くことは記憶の定着を強化させる」という研究結果が明らかになりました。
ということ。

眠っている間でも人の脳は学ぶことができるという研究結果が明らかに - GIGAZINE

睡眠時専用の語学学習音声とか、
発売されるかもしれませんね。
posted by もり at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の上手な使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

声を出すことで“邪念”がふきとび、能力が発揮されやすくなる

音のリズムが脳の働きを変える
という、
NHKためしてがってんの番組紹介記事です。

リズムで脳を刺激せよ! : ためしてガッテン - NHK

脳が行動にかけるブレーキを外すのに、声を出すことが有効、
ということが書かれています。

スポーツ選手などが大声を出したりするのには、
意味があるのですね。

大声を出すのははずかしいので、
ちょっとだけ声を出してみようかと思います。

posted by もり at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の上手な使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

机の上が散らかっていると、隣で子どもがうるさく叫んでいるのと同じくらい集中できない

机の上が散らかっていると、隣で子どもがうるさく叫んでいるのと同じくらい集中できない!?
という記事。

机の上が散らかっていると、隣で子どもがうるさく叫んでいるのと同じくらい集中できない!? : ライフハッカー[日本版]

タイトルは、
ちょっと大げさかなと思いました。

私としては、
散らかった机の上で、子どもにまとわりつかれながらパソコンをしていることがありますが、
机の上の散らかりは我慢できても、
子どもにまとわりつかれたら作業が進みません。

まあ、
机の上は片付けておいたほうがよい、
ということは、間違いないでしょうけど。


posted by もり at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の上手な使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

脳を鍛えて仕事の効率を上げる方法

オンとオフを切り替える脳の領域は、前頭葉にある。自分の置かれた文脈を察知し、脳の活動を調整する「眼窩前頭皮質」。そして、目前の課題をこなすために脳のさまざまな回路に指令を出す「背外側前頭前皮質」。これらの領域をうまく使いこなすことで、時間術の達人になることができるのである。
ということ。

「もたもた」「グズグズ」脳は訓練で変えられるか (プレジデント) - Yahoo!ニュース

やればやるほど脳は鍛えられるのだな。

できるようになりたいと考えることを、
何度も繰り返す。

仕事の効率を上げるには、
効率の高い状態を何度も経験する必要があるわけだ。

もう限界だと思っても、
きっとまだ先がある。


ラベル:
posted by もり at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の上手な使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

脳の機能を低下させにくい花粉症薬の選び方

"花粉症の人にはつらい時期がやってきた。薬を使い、何とか症状を緩和して過ごす人も多いだろう。ところが薬の中には、眠くなったり、脳の反応が鈍る「鈍脳」になったり、仕事や試験でのミスや、交通事故を招く薬もある。東北大学大学院医学系研究科教授(機能薬理学)の谷内一彦さんに、鈍脳の問題や薬の選び方などについて話を聞いた。"
という記事。

花粉症の薬選びで「鈍脳」回避! 谷内一彦・東北大大学院教授インタビュー(読売新聞(yorimo)) - Y!ニュース

市販薬なら、
アレジオン10/製品情報【エスエス製薬】
病院でもらうとしたら、
アレグラかな。

アレグラ (フェキソフェナジン ) Wikipedia

posted by もり at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の上手な使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

瞑想をすると集中力&記憶力がアップ 脳の構造変化も

16人の被験者を対象に8週間の瞑想プログラムを行ったところ、

脳の学習や記憶を司り、思いやりや自己覚醒意識とも関わりのある海馬のグレイマターの密度が増し、不安や懸念、ストレスを司る小脳扁桃のサイズが小さくなっていることもわかった

ということです。

瞑想をすると脳の構造が変化する!? 集中力&記憶力がアップして不安&ストレスが減少するという科学的な検証: マイスピ

更に記事には、

2009年に発表されたUCLAの研究によれば、長期に渡って瞑想をおこなっている、色々なタイプの瞑想者を対象にMRIを使って調べたところ、いずれの瞑想者も、集中力や記憶力を司る海馬と、感情を統制する眼窩前頭皮質が瞑想を行わない人々より、大きい事がわかりました。

ということが書かれていました。

瞑想をやってみようなかなと、
思いました。

ラベル:
posted by もり at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の上手な使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

ガムを噛むと精神活動が活発化する

ガムを噛むと精神活動が活発化する
ということです。

試験にはガム! ガムを噛むと頭が覚醒する、でも効き目は一瞬。 - Ameba News [アメーバニュース]

記事の中で、
ガムの効果として書かれていたことは、

ガムを噛むのはカフェインを摂取するよりも効果的、

ガムの効き目はとても短く、20分程度だった、

ミントガムを噛むと驚くほど眠気が吹き飛ぶ、

ガムをかむことで集中力が高まる、

ガムをかむと機嫌もよくなる、


ということでした。

このような効果は、
既に多くの人に利用されていることでしょうけど、
科学的にも効果があるということがはっきりすると、
余計に効き目がありそうな気がします。




ラベル:
posted by もり at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の上手な使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

睡眠には、ある種の「セラピー効果」がある

昔から「嫌なことがあったら寝て忘れろ」とよく言われる。なんとなくそういうものかと思ってきた人も多いと思うが、実際に寝ることが感情的な記憶をやわらげるのに効果的であることが研究で明らかになった。
ということ。

「嫌なことは寝て忘れろ」の科学的根拠が明らかに / レム睡眠が感情的な記憶を和らげるとの研究結果 – ロケットニュース24(β)

記事によると、

睡眠は身体を回復させるだけでなく、心をも回復させるある種の「セラピー効果」があることが今回の研究によって明らかになった。

ということ。

寝ると気持ちがすっきりした感じがするのは、
実感として分かる。

夢の中で、
問題解決へのヒントが出てきたり、
することもある気がする。

嫌なことが重たすぎて寝れなかったら、
どうしたらよいのだろうとも、
ちょっと思うが。




ラベル:
posted by もり at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の上手な使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

脳を鍛える運動で腰痛を改善する

きょうの健康|組み合わせが大切 腰痛対策「脳を鍛えて痛みを軽減」
という記事を読んだ。

記事によると、

慢性化した腰痛のある人では、脳の広範囲の部分で痛みの処理が行われています。"脳を鍛える運動"には、それを本来の状態に戻し、痛みを感じにくくする作用があります。脳を鍛えるには強度の運動は必要ありません。「いつでも・誰でも・どこでも」できるような運動を行います。大切なことは、運動だけに集中することです。また、回数を行うよりも、続けて行うことが大切です。

ということです。

痛みは脳が感じているわけで、
その脳が過剰に痛みを感じる、
ということがあるようです。

大量の痛み刺激が脳に入ると、
痛みが刻み込まれ、
小さな刺激も激痛に感じるようになってしまう

ということ。

長引く痛みの正体解明 「慢性痛」最新治療術 : ためしてガッテン - NHK
(「脳に刻まれた痛み」の項)

このような痛みに対しては、
過剰に痛みを感じている脳の働きを、
少し抑えてあげる必要がある。

新しい痛みの治療法のひとつだと思います。



ラベル:
posted by もり at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の上手な使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

脳力アップのためにできること 〜睡眠・運動編〜

脳力アップのためにできること 〜睡眠・運動編〜:タニタ 健康・ダイエットBOOK
という記事を読んだ。

記事中で紹介されているのは、
よく眠ることと、
体を鍛えること。

体を鍛える方法としては、
ウォーキング、
良く噛むこと、
指を動かすこと、
が上げられている。

よく言われることだと思うけど、
効果があることなのだろう。


ラベル:
posted by もり at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の上手な使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

朝と晩につぶやく 脳をだまして疲れ知らずになる2つの言葉

朝と晩につぶやくだけでOK!? 脳をだまして疲れ知らずになる2つの言葉 : ライフハッカー[日本版]
という記事より。

つぶやく言葉は二つ。

朝、目覚めたら「今日も絶対いいことあるぞ!」と声に出して笑顔で言う。

夜、寝る前に「今日も一日頑張れてよかった!」と声に出して笑顔で言う。


本当だろうかと、
ちょっと疑いたくなるかもしれませんが、
言っても損することは無いので、
言ってみると良いと思いました。

確かに言ってみると、
すこし気分が良くなると思います。


ラベル:
posted by もり at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の上手な使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

仕切りのない部屋で働くのは脳に悪い

仕切りのない部屋で働くのは脳に悪い
そうだ。

InfoQ: 仕切りのない部屋で働くのは脳に悪い!

周りからの情報量が多すぎても、
脳には余計な負荷がかかるだけなのだろう。

仕切りのない部屋で働くことと、
仕切りのある場所で働くこととを、
使い分けられたら良いのだろうと思う。

ラベル:
posted by もり at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の上手な使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

「大事なところ」でしくじる脳の仕組み

「大事なところ」でしくじる、
ということについて、
脳の機能から考察した記事。

私たちはなぜ「大事なところ」でしくじるのか? : ライフハッカー[日本版]

理由のポイントとしては、

本来物事をうまくやるために働く前頭前皮質が、うまくいかなかったらどうしようという心配事でいっぱいになり、 脳の処理能力が落ちる

ということのようです。



しくじらないようするためのコツは、

まず、
考えすぎないこと。

失敗してはいけない...と、自分の周りのすべてのことをコントロールしようとすると、逆にそれまで何の問題なくスムーズにできていたことに対するコントロールを失うことになります。

例えば口笛を吹くというような簡単なことで注意をそらすと、いつもの自分に戻れるのだそうです。


それから、
リラックスすること。

いつも通りのいい結果を出すために大切なことは「リラックス」です。テストの前に瞑想してもらったグループと、そうでないグループで結果を比較したところ、予想通り瞑想ありの方がいい結果を出せました。


最後に、
「練習」すること、

やっぱり一番大事なのは「練習」です。練習の目的は、本番と練習とのストレスレベルの差をできるだけ小さくすることです。

のようです。

ラベル:
posted by もり at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の上手な使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

記憶から感情を再現し、やる気を引き出す方法

人間の脳には、頭の奥底にある記憶から感情を再現する能力があります。この能力を活用すれば、気分を悪くさせるのではなく、前向きないい気分にさせることも可能です。
という記事。

頭の奥底にある感情の記憶を利用して「やる気スイッチ」を作る方法 : ライフハッカー[日本版]

やる気スイッチを作る方法の部分の抜粋。

1その行動をする時にストレスが無い状態にするために、まずはリラックスします。

2本当にやる気に満ちていたり、幸せだった時のことを思い浮かべましょう。その記憶をじっくりと味わってください。どんなことをしていたか、どんなことを話していたか、その時の感情がわき起こってくるまで、思い出すようにします。

3その時の感情が熱くこみ上げてくるくらいまで感じましょう。昔のことを鮮明に思い出せない時は、Brownson氏曰く、そういう振りをする(妄想する)ことでも代わりになるそうです。

4頭の中でその時の感情を思い起こすことができたら、記憶として刻みこみます。耳たぶを引っ張っても、指をパチンと鳴らしても、腕を掴んでも、どんな動きでもいいので、その時の感情を呼び起こしたい時にいつでも簡単にできるような動きをします。ただ、クセになっているものや、日常的によくやる行動ではないものにしましょう。そうでないと、その動きでうまく感情が引き出せなくなります。


この方法でやる気スイッチを作らなくても、
やる気に満ちて、幸せだったときのことを思い出すだけで、
やる気が出るものだと思いますが。


ラベル:
posted by もり at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の上手な使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

リラックスするとひらめく

喧噪から離れて脳がリラックスした状態のときに想像力は働き、今まで浮かんでこなかったようなアイディアが生まれます。
ということ。

脳をリラックスさせれば、ハッとひらめく? : ライフハッカー[日本版]

自分なりのリラックス方法を、
持っておくと良いのだろうと思います。
ラベル:
posted by もり at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の上手な使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

片付け脳の作り方 

片付け脳の作り方、
という記事を読みました。

http://allabout.co.jp/family/hw4di/closeup/CU20091020A/index3.htm

強いストレスにさらされていたり、
疲れが溜まっていたり、
気分がもやもやしていたりするときは、
片付けができなくなるものだと思います。

片づけをするということは、
かなり脳のキャパシティを必要とすることなのでしょう。

片付け脳を成長させて、
脳の機能向上を図ることができるのかもしれません。


整理のコツとしても、
役に立つ記事だと思いました。



ラベル:
posted by もり at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の上手な使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。