2012年11月03日

右脳に比べ左脳が活発な人は幸福感高い 感謝の気持ちを持つと幸福感が増す

米ウィスコンシン大学のリチャード・デビッドソン教授(心理学・精神医学)らのグループは、脳の働きから幸福感に迫ろうとする。左脳前頭葉部と右脳前頭葉部の脳波の活動を調べ、左脳部分が右脳に比べて活発な人は幸福感も高いとする結果を報告した。右脳は主に五感を、左脳は主に論理や思考を司るといわれる。
ということ。

右脳に比べ左脳が活発な人は幸福感高い! 米大学が研究 〈AERA〉-朝日新聞出版|dot.(ドット)

右脳と左脳の話よりも、
記事中の以下の記述が大切だなと思いました。

脳の働きも技術の習得と同様に、意識して訓練すれば変わる。それによって幸福感も変化します

「訓練」にはさまざまな方法があるが、「たとえば他人の幸せや健康を心に思い描く瞑想法は効果的」

米国では感謝の気持ちを持つと幸福感が増す



posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳に関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。