2012年08月18日

脳障害 たんぱく質投与で改善

「オリゴデンドロサイト」という脳の細胞を再生し、脳の白質傷害の改善につなげることに、名古屋市立大大学院の沢本和延教授(再生医学)らの研究チームがマウス実験で成功した。新生児の脳障害の治療への応用が期待されるという。研究成果は米科学誌「ステム・セルズ」電子版に近く掲載される。
ということ。

<脳障害>たんぱく質投与で改善 名市大院がマウス実験 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

人間で脳障害を改善することが出来たら、
すごいことだな。
posted by もり at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳に関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。