2012年07月09日

野菜・果物ジュースでアルツハイマー病発症リスクが76%減少

野菜・果物ジュースでアルツハイマー病発症リスクが76%減少
という記事。

NEWSポストセブン|野菜・果物ジュースでアルツハイマー病発症リスクが76%減少

記事によると、
米国テネシー州ナッシュビルのバンダビルト大学のキ・ダイ博士らはワシントン州キング郡に在住の日系アメリカ人1836人を9年間追跡調査し、どのような食事を摂っている人がアルツハイマー病を発症し、どのような食事の人が予防できたのかを調べた。
その結果、野菜・果物ジュースを週に1回未満しか飲んでいなかった群では、517人中30人がアルツハイマー病を発症したのに対し、3回以上野菜・果物ジュースを飲んでいた群では、785人中22人しかアルツハイマー病を発症していないことが分かった。

ということ。

野菜ジュースは、
コンビにで売ってるようなやつでもいいのかな。

ああいう野菜ジュースには、
糖分もたくさん含まれているから、
飲みすぎてもいけないだろうなと思うけど。

posted by もり at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。