2012年05月31日

努力出来る人は脳がそのようになっている

「努力」を継続して行うことができることこそが「脳」の違いによるものなのだという米テネシー州、ヴァンダービルト大学のマイケル・トレッドウェイが率いる研究チームの研究論文が、『Journal of Neuroscience』誌に発表された。
ということ。

努力も才能のうち?「努力できる人」は脳が違う(米研究) : カラパイア

ニュース - 「努力できる人」は脳が違う(WIRED.jp):ITpro

この脳の違いが、
遺伝的なものによるのか、生まれた後に獲得されることなのか、
ということが大切だと思うが、
どちらにしろ、
努力するしかない、ということは変わらない。
posted by もり at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳に関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。