2012年05月29日

飽和脂肪酸は長期的に脳機能を低下させる

脂肪酸(fatty acid)の中でも“悪玉”とされる飽和(saturated)脂肪酸を多量に摂取する女性では、全体的な脳機能および記憶力が時間の経過とともに低下するが、“善玉”とされる一価不飽和(monounsaturated)脂肪酸(オレイン酸など)をより多く摂取すればこれらが改善する可能性が、新しい研究で示された。
ということ。

飽和脂肪酸は時間の経過とともに脳機能を低下させる(2012.5.28掲載)

なぜ女性特定なのか?
と、ちょっと思ったけど、
男性人も当てはまることなのだろう。

飽和脂肪酸は身体に良くないというイメージがあるけど、
なんであんなにおいしく感じられるのか?
ということも不思議に思う。


posted by もり at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳によい食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。