2012年02月27日

脳を鍛えて仕事の効率を上げる方法

オンとオフを切り替える脳の領域は、前頭葉にある。自分の置かれた文脈を察知し、脳の活動を調整する「眼窩前頭皮質」。そして、目前の課題をこなすために脳のさまざまな回路に指令を出す「背外側前頭前皮質」。これらの領域をうまく使いこなすことで、時間術の達人になることができるのである。
ということ。

「もたもた」「グズグズ」脳は訓練で変えられるか (プレジデント) - Yahoo!ニュース

やればやるほど脳は鍛えられるのだな。

できるようになりたいと考えることを、
何度も繰り返す。

仕事の効率を上げるには、
効率の高い状態を何度も経験する必要があるわけだ。

もう限界だと思っても、
きっとまだ先がある。


ラベル:
posted by もり at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の上手な使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。