2012年02月24日

脳の機能を低下させにくい花粉症薬の選び方

"花粉症の人にはつらい時期がやってきた。薬を使い、何とか症状を緩和して過ごす人も多いだろう。ところが薬の中には、眠くなったり、脳の反応が鈍る「鈍脳」になったり、仕事や試験でのミスや、交通事故を招く薬もある。東北大学大学院医学系研究科教授(機能薬理学)の谷内一彦さんに、鈍脳の問題や薬の選び方などについて話を聞いた。"
という記事。

花粉症の薬選びで「鈍脳」回避! 谷内一彦・東北大大学院教授インタビュー(読売新聞(yorimo)) - Y!ニュース

市販薬なら、
アレジオン10/製品情報【エスエス製薬】
病院でもらうとしたら、
アレグラかな。

アレグラ (フェキソフェナジン ) Wikipedia

posted by もり at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の上手な使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。