2011年12月04日

睡眠には、ある種の「セラピー効果」がある

昔から「嫌なことがあったら寝て忘れろ」とよく言われる。なんとなくそういうものかと思ってきた人も多いと思うが、実際に寝ることが感情的な記憶をやわらげるのに効果的であることが研究で明らかになった。
ということ。

「嫌なことは寝て忘れろ」の科学的根拠が明らかに / レム睡眠が感情的な記憶を和らげるとの研究結果 – ロケットニュース24(β)

記事によると、

睡眠は身体を回復させるだけでなく、心をも回復させるある種の「セラピー効果」があることが今回の研究によって明らかになった。

ということ。

寝ると気持ちがすっきりした感じがするのは、
実感として分かる。

夢の中で、
問題解決へのヒントが出てきたり、
することもある気がする。

嫌なことが重たすぎて寝れなかったら、
どうしたらよいのだろうとも、
ちょっと思うが。




ラベル:
posted by もり at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の上手な使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。