2011年06月10日

年を取ると時間が早く感じられるようになる脳の仕組み

年を取るとどうして、
時間が進むのが早く感じられるようになるのか?

年々時の経つのが速く感じるのはなぜか? この謎を脳科学者が解明!? : ライフハッカー[日本版]

記事より抜粋。

ヒトの脳は新しい情報を受け取ると、まず、情報を理解しやすい形に整理しなおします。すでになじみのある情報を処理するときは、それほど時間がかからない一方、新しい情報の処理はこれよりも遅くなり、これによって時が長く感じられます。つまり、歳を重ねて新しい情報が少なくなると、時の経つのが速く感じるようになるというわけです。

子どもと大人の時間間隔の違いは、
こうして起こるのですね。

今年ももう、
半分過ぎました。

ラベル:
posted by もり at 06:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳に関する薀蓄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。