2011年05月09日

アルコールを飲むと潜在意識による記憶力は向上する

頻繁にエタノールを摂取していると脳のシナプス可塑性が高まる、つまり学習・記憶能力が高まる
ということ。

http://rocketnews24.com/?p=88149

記事には、
アルコールを飲むと、
人の名前や数字などの表層意識での情報は忘れやすくなる変わりに、
潜在意識での記憶力は向上する、
ということが書かれている。


潜在意識による記憶、
というものがどのようなものなのかわからないけど、
おそらく、
アルコールを飲んだときに体験した、楽しさだとか悲しさだとか、
そういう感覚的なことは記憶されやすい、
ということなんじゃないかと思う。

確かに、
お酒の場がどんな雰囲気だったかは、
かなり昔の飲み会でも、
よく覚えている気がする。

完全に記憶を失うまで飲んだ時以外は。




ラベル:
posted by もり at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳に関する薀蓄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。