2011年03月20日

バランスのよい朝食は脳の働きをよくする

脳トレなどで有名な、川島教授は、
大塚製薬との共同研究により、健常成人6人を対象に朝食と脳活動との関係の研究に乗り出した。

「水のみ」「糖水のみ」「タンパク質や脂質、各種ビタミンミネラルを含有した栄養調整流動食品を摂取」の3つのケースについて調べた。

その結果、水と糖質のみの摂取と比べ、栄養調整食品を摂取した場合は、摂取後3時間で能動的な注意や意欲に関わる前頭前野内側面の活動が固くなっていることが確認できた。


ということ。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110302/dms1103021125000-n1.htm
ラベル:
posted by もり at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳によい食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。