2011年02月25日

英語は音から?小学生の脳の英語処理についての研究結果

科学技術振興機構(JST)および首都大学東京は2月23日、同大学院人文科学研究科の研究グループが行った小学生の脳の英語処理についての研究結果を発表した。

http://resemom.jp/article/2011/02/24/1329.html


http://www.excite.co.jp/News/education/20110224/Resemom_1329.html

研究の結果、

英語の語彙獲得初期には脳の右半球の音声分析に関わる部位が活性化し、語彙習得とともに左半球による言語処理が優位になることがわかったという。

ということで、
まず英語の音を分析することから、
子どもの脳ははじめているみたい。



うちの子(4歳)も、
テレビで見たりして英語の単語を少ししゃべったりするけど、
日本語の中に混ぜて単語だけ使っているので、
日本語と同じ感覚で覚えているのだろうと思う。



ラベル:
posted by もり at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。