2009年10月03日

頭の良くなるドラッグ

頭の良くなるドラッグとは、
アルツハイマーやADHD(注意欠陥・多動性障害)などに使われる薬なのだそうです。

http://labaq.com/archives/51275491.html


私も病棟で看護師として働き、
患者さんに薬を配りながら、
「脳循環代謝賦活薬」と辞書に書かれているような薬は、

飲んだらもしかして頭良くなるのかな?

と、
思ったことがあります。

飲んだことはありませんが。


具体的には、
セロクラールとか、
シンメトレルとか、
ケタスとか、
サアミオンとか、
です。


1990年代の後半に、
従来「脳循環代謝改善」という効能が認められていた医療用医薬品の多くが、効果が無いとして承認が取り消されているようです。

http://www2.incl.ne.jp/~horikosi/No159.htm

http://d-inf.org/drug/noutaisha.html





ラベル:
posted by もり at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳に効く薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。