2008年12月28日

戦略ゲームは脳の老化防止に有効

「戦略ゲームは脳の老化防止に有効」 米研究者が報告(THE SECOND TIMES)
http://www.secondtimes.net/news/world/20081225_rts.html

ということである。

戦略ゲームとは、
「リアルタイムストラテジーゲーム(RTS)」というもののことで、
それは、
命令と行動(攻撃)の順番があらかじめ明確に決まっている「ターン制ストラテジーゲーム」と違い、
リアルタイムに進行する時間に対応しながら作戦を立てて敵と戦うゲームのことで、柔軟な思考力と臨機応変な判断力が問われるゲームだ。

ということ。

疲れそうなゲームだ。

より、脳に負荷がかかるほうがいいのだろうけど。


リアルタイムストラテジーゲームとは、
こういうもの。

http://ja.wikipedia.org/wiki/リアルタイムストラテジー


やったことないな。


ラベル:
posted by もり at 02:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 脳に関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この手のゲーム、昔ハマリました。“大戦略”とか“信長の野望”とかそんなのだったかな・・

Windows95時代に海外でゲームを購入した“シムタワー”というゲームが記憶に残ってます。とても地味ですが、好きです。でも時間を費やす気になれないゲームです。
たぶん経営シミュレーション系。
農業経営のシミュレーションゲーム、“シム・ファーム”もあります。
Posted by s at 2008年12月28日 10:00
僕が書いたのはターン制のゲームでしたね・・
Posted by S at 2008年12月28日 10:02
私としては、
ドラクエなど、RPGと呼ばれる種類のゲームにはまりました。
やっただけキャラクターが成長するところが好きでした。
あまり頭を使わない。

そんなことしている暇があったら、自分を成長させい!
と思いますが。


Posted by もり at 2008年12月30日 15:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。